異素材から感じる空間性 - インナーソファ

異素材から感じる空間性

TOP

異素材から感じる空間性

モダンな意匠で、そのフォルムや素材感から品格が感じられるソファです。各所に個性的なデザインが施されていますが、全体的にはシンプルにとても綺麗なバランスで仕上っています。このソファの魅力の1つが脚です。

ソファを床から16cm上に持ち上げているこの脚は、細くしなやかな形状、さらにスチール製で周りの色を映し込むので、脚の存在感が強く出過ぎず、ソファが浮遊しているかのような印象を与えます。なので、部屋に圧迫感を与えることなく、すんなりとスタイリッシュに馴染んでくれます。スチール製の脚を外してロータイプで使うこともできますが、その際もバランスが崩れることなく、品のある佇まいは変わりません。もう1つの個性的な魅力は、両側面のゼブラウッドの木目。ゼブラウッドはとても個性的な木目ですが、その存在感でモダンな雰囲気を作り出してくれます。張地の素材感との取合せが絶妙で、ありきたりではない、こだわりの空間を作るのに一役買ってくれます。座面にはポケットコイルスプリングが使用され、体重の負荷を分散した快適な座り心地になっています。耐久性と柔らかな弾力性にも優れています。

異素材から感じる空間性


ホーム RSS購読 サイトマップ