ソファーに座る際のマナーとは - インナーソファ

ソファーに座る際のマナーとは

TOP

ソファーに座る際のマナーとは

お仕事でソファーを扱っていますので、時々気になるのがソファーに座る時のマナーです。これは私の仕事を知っている友人からたまに聞かれる事もあります。

基本的には入口から一番遠い席が上座、入口に一番近い席が上座になっております。なので、目上の方が基本的に部屋の奥に座る形になりますね。上座の中でも、例えば奥側に飾りや絵画があればその前が一番の上席になります。ちなみに、一人掛けのソファーと長いタイプの物が向かいあっているような置き方が応接室では定番になっているかと思います^^ その場合、一人掛けの方が下座になります。

 

ご来客の際には、社内の方が一人掛けソファーに座る事になります♪ 上座と下座の事はわかっていても、対面ソファーとなるとちょっとよくわからなくなってしまう、なんて方もいらっしゃるのですが、これでももう安心ですね^ー^ ちなみに長いタイプのソファーの方が上座ですが、そこに複数人座る場合もありますよね。その場合、左側が上席になります。これは会社に来客があった場合だけでなくて、社長や上司と面談などでこのようにソファーに座る場合もあります。なので、絶対に覚えておきたいビジネスマナーの一つですね。

 

ちなみに応接室のソファー、私はとっても好きだったりします。高級感があってとっても素敵ですよね。近年では、おしゃれなデザイナーズソファーを応接室に置く会社も増えてきましたね。ソファーにこだわって頂いて私としては嬉しい限りです♪


ホーム RSS購読 サイトマップ