奥行きのあるソファーにはクッションを - インナーソファ

奥行きのあるソファーにはクッションを

TOP

奥行きのあるソファーにはクッションを

皆さんはソファーの上でどんな体制になりますか?もちろん座る為の物ですが、正しい姿勢ではなくてたまには横になったり、あぐらをかいたりする事もありますよね♪ なのでそれを考慮しておくとソファー選びの失敗がぐっとなくなります。

奥行があまり無いものだとあぐらをかいたりするのはちょっと厳しいですよね。体型が大きめの方だと横になっても辛いかと思います。なのでご家族にあぐらをかく方がいたり、少し横になったりして使いたいとお考えになっているのであれば是非奥行きのあるソファーをチェックしてみて下さい^^

 

奥行きのあるソファーですと、今度は背もたれ部分が遠くなってしまいますよね。なので、それが気になる場合にはクッションを活用しましょう!最近ではクッションがセットになっているソファーも増えました。こういったセットの物を選んでも良いですし、逆にご自分で好きな物を探したり、お裁縫が得意でしたらご自分で縫ってみるのも楽しいかと思います♪中にはお気に入りのバスタオルをクッションカバーとして愛用しているという方もいらっしゃいます。

 

確かにパイル生地って肌触りも良いので納得ですね(^^) 基本的には裏側に二つ折にして重なるところを縫うだけで出来ます。後はクッションが入れられるように一つの面だけをそのままにしておいて生地をひっくり返せば簡単に簡易カバーが出来上がります。ここに手を入れてお昼寝をするのが気持良いそうで、私も実践してみたいですね♪


ホーム RSS購読 サイトマップ